読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだかんだ長女

映画と音楽と洋服が好きな20代OLのひとりごと

エゴン・シーレ 死と乙女

映画

f:id:nndknd:20170221182537j:image

エゴン・シーレという画家を知ったのは大学でとった芸術学の授業だった。

配られたプリントに載っていた「左ひざを折って座っている女性」を見て好きだと思い、他の作品を見てみたらヌードばっかりなんで驚いた。でも服を着ている人の絵や、風景画は気に入った。

なので彼の生涯についてはほとんど知らなかったのだけど、いくつか好きな絵もあるし、芸術家の人生って気になるし、なにより主役がイケメンすぎたので観てきた。

 

芸術家らしい、ドラマチックな人生だ。彼の生活の中心は常に芸術で、他のことなんて全く考えていないみたい。収入は不安定だし、裁判にかけられるし、プレイボーイだし…。けれど才能さえあればこんな生活も許されるのだ。

わたしは芸術の才能なんてこれっぽっちもない一般人だから、こういうクリエイティブな人たちをうらやましく思う。映画のいいところは、現実ではできないことを疑似体験させてくれるところだ。もしもエゴン・シーレのような人に出会っていたら?もしも同じ時代に生きていたら?いや、もしも私が彼だったら…?

もしも彼のような才能があったとして、その才能に100%情熱を注ぐことはないだろう。お金を稼がないといけないし、モラルに反することは嫌いだし、誰とも喧嘩をしたくない。誰も不幸にはならない代わりに面白みのない人生が送ることになる。

 

わたしももう少し自分の好きなことを頑張ってみようかなあと思った。

もしかしたら百年後くらいに美人女優がわたしを演じているかもしれない。

そんなことは起こらなくても、人生が少しドラマチックにはなるはずだ。